中古車を売る際に必要なものを調べておきましょう。


売却金額を振り込むための振込口座と車検証と印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)等をそろえておきます。説明書やスペアキーもあれば査定金額が上がることもありますので、ちゃんと用意しましょう。

愛車を査定に出したら、契約した後に減額されたり、または取引の後に、こっそりと減額されていたという話を時折耳にします。

一般的には、車の引き取り後には取引をしないというのが常識でしょう。判子やサインを売買契約書に押す(書く)直前までに、取引後に減額される可能性を指摘されていたか、正当な理由によって減額する事になったのかなどで対応できる事は違うものになります。事情を聞いた後、自分の中で納得する事ができないという時は一度、買取をキャンセルしてしまうのが良いでしょう。車種によって人気色は違います。例えばトラックはホワイトが常に人気です。

ところが、他の車種の場合は、査定で人気なのは、ホワイト、ブラック、グレーの系統ですね。町でよく見かけるような車の色、すなわち、多くに人に受け入れられてる、いわゆる「定番色」がカーセンサーの車買取においても査定額に有利に働くという事ですね。


他にも、パール系やメタリック系のカラーの場合は同色でも他のソリッド系よりも査定額が高くなる傾向にあるようです。


メーカー純正の限定色などは、プレミアとして査定額が上がることもあります。



私の経験ですが、交通事故をこれまでに何回か起こしています。車が動かなくなってしまった場合、専門業者に頼ります。
レッカー車を呼んで、動かなくなった車を移動してもらいます。
この事故車をどうするのかと言いますと、たいした査定額にはなりませんが、専門業者に来てもらって、売ってしまいます。

廃車にする事も考えたのですが、その場合もそれなりのお金がかかってしまいますから、動かないく車も買い取ってくれる業者には、大変お世話になっています。業者に車を買い取ってもらおうと思い、WEBの簡単査定を利用しました。
私の愛車は赤のアウディで、まだ乗り始めて5年しか経っておらず、結構な高値で売れることも期待していたのですが、意外にも非常に安い金額だったのでびっくりでした。査定してくれた業者の人に来てもらって説明してもらいましたが、「買取査定ではアウディより軽自動車の方が高くなる」と言われたので衝撃でした。


車を売る時には、高価格で売れる時期やタイミングを逃さないように十分気を付けることが大切です。


例えば、3月の決算期や9月の中間決算の頃には車を高く売却できます。
そのほかに、冬季の前には、4WDなどのアウトドア車が売りやすいでしょう。このような感じに、車を高価格で売るには、時期を考えるのも必要となるのです。
長年乗った車。
高く売るつもりはなくても、安値で買われるのはイヤですよね。
だったら、ひと手間かけて複数の見積りを取り付けると良いでしょう。


営業さんもプロですから、1社だけだと「うちならこれだけ出します」と言うでしょう。
さらにその場で少し上げてくれるかも。
もちろん鵜呑みにしてはいけません。


「うちなら」価格は「よそなら」どうなのと思うのは当然です。

それに、1日くらい待たせても相場がかわるような品物ではないと思ったほうが良いのではないでしょうか。実車査定には時間がかかりますが、1日1社でも2社くらいはいけますよね。

きちんと比較して、より良い価格をつけてきた方を見つけることが大事です。一括査定サイトに登録しているなら「他社にもお願いしているから」で断る業者はいないと思いますよ。
自分の車についた傷や故障は、壊れた個所を改修せずに査定に提出するようにしましょう。

傷や故障があるとすると、それだけ査定の評価額は低い水準になってしまいます。


しかし、傷や大小関わらず気になる故障は、買い取ってくれる会社が自社で整備、壊れた個所を修繕したりするので、査定前に直しておくことは要求されていません。

減らされる金額よりも、壊れた個所を治す費用の方が高く査定されてしまいます。乗り換えで新車を購入するときは、ディーラーに下取りを依頼するのが一般的です。たしかに手軽という点では下取りが最強ですが、愛車をたった1社に査定されるのは辛くないですか?下取りにせよ買取にせよ、手間と利益の兼ね合いですが、車のコンディションや年式によっては車買取業者での処分も、検討する価値はあると思います。私も下取りしてもらう予定でしたが、中古車業者が近所にできたので査定を依頼したところ、下取りのほうがかなり安いことに気づきました。買取業者に「査定通りで買うんですか」と訊いてしまったほどです。
買取業者は即日で現金で払ってくれたので、さっそく新車の頭金にあてました。査定依頼してから支払いまでわずか5日です。

このスピード感がいいですね。中古車の下取りに必要になってくる書類は、ずばり車検証です。
万が一これがないと、下取りに出せません。


ちなみに、フェリー乗船の場合にも必須です。車検証は、どんな場合にも大切な書類です。

大切においておく必要があります。さらに、整備記録等もあれば、下取り価格の上がる可能性もあります。